汗に排気ガスに皮脂汚れ。それが人の体温で程よく温められ続けるヘルメット。最近は内装を取り外して洗えるヘルメットも増えてはいるけど、まだまだTシャツみたいに気軽に洗えるもんじゃなく、きちんと乾くのを待ってたら3日はかかる。少々汗をかいたとしてもよっぽど状況がひどくならない限り、乾かして使い続けるという人が大半じゃないだろうか? 内装を取り外して洗えないヘルメットは、さらに乾きが悪く余程のことがない限り丸洗いする気にならないものだ。

シュアラスター ゼロバリア

イベントで購入してみた消臭抗菌剤のシュアラスター ゼロバリアは、イベント価格で500円だった

 

かなり汗っかきな僕は、夏場のヘルメットケアにかなり苦労している。最近はとくに発汗量の多いオフロード系の仕事が多いこともあって、家に帰ったら、まずヘルメットを送風機にセットするのが日課。それでも乾かず、次の日にしっとりと湿ったヘルメットを再びかぶるなんてこともある。

これを何度も繰り返していると、やっぱりだんだん臭ってくるんだよね。さすがに運動部の部室とはいかないまでも、ヘルメットをかぶる瞬間に汗と加齢臭がふわっとかおる。自分の臭い、つまりは“オレ臭”だから本人はまだ我慢できるが、他人からすれば相当キツイに違いない。こんな調子じゃ、偶然ヒッチハイク中の美女を見かけても、「こいつの後ろでよければ乗るかい?」なんてキザなセリフを吐きながらヘルメットを渡せないじゃない!?

そんな中二病な状況は、30年近くバイクに乗ってきて一度たりともお目にかかったことがないが、ヘルメットは可能な限り清潔に保っておきたいものだ。僕自身の経験の話をすれば、リセ○シュやフ○ブリーズなどの一般的な消臭剤を振りかけたりしたこともあるけど、どうも香料が気になってしまって落ち着かない(笑)。それに一度は気にならなくなった“オレ臭”も、一般的な消臭剤では1日走って汗をかけば“オレ臭”も元通りって感じで、つい数週間前に洗ったばかりだけど、また洗うか? と悩むことになる。ただチークパッドなどのヘルメットの内装は洗えば洗っただけヤレる感じが出るもの。なるべく洗う回数を少なくしたいというのがライダーの心理じゃないだろうか? 

シュアラスター ゼロバリア

無香なのでヘルメットなどに使っても、香料の香りや香り移りに悩むこともない。どうもフローラルな香りを嗅ぎながら走るのは性に合わないのだ。

 

そこで僕が最近使い始めたのが消臭抗菌剤のシュアラスター・ゼロバリアだ。あるバイクイベントでシュアラスターのブースに立ち寄った時に知ったのだが、スタッフの説明では「こいつは臭いの元を分解消臭するんです。一般的な消臭剤のように包み込むんじゃないので、臭い戻りがないんです!」と猛プッシュ! 俺の頭そんなに匂ってんのかなぁ…と思いつつ値段も安いし使ってみるか?(会場特価で500円だった)と手に取ったのだ。さてさて、お前に“オレ臭”が止められるのか?

ROUND① 内装が取り外せないタイプのヘルメット

まず取り出したのは、すでに数年間使っているがまだ一度も洗ってないヘルメット。悪臭を放つほどではないとは思うが、少なくともヒッチハイク美女に「ヘルメット貸して!」なんて突然言われても、お渡しするのを躊躇するレベルでオレ臭がする。そこへシュアラスター ゼロバリアを惜しみなくバシュバシュっとふりかけてみると確かに臭いが消える! しかも、その後何度か使ってみたが、確かに臭い戻りもなく、ヘルメットにダメージを与えそうなアルコールなどの揮発性の成分も入っていないので内装剥がれなどのダメージもなさそうである。使用不可の項目に“皮革”の項目はあったが僕は気にしないことにした。だって消臭剤かける以前の問題として汗でびっしょり濡れてしまっているからね。これ以上、少々何かをかけたってそれほど状態は悪化しないと思うのだ。…あ「ここにこう書いてあったから、俺の大事な皮つなぎに試してみたら台無しじゃないか!?」とか言われても責任を取るつもりもないのであしからず。あくまで使用の判断は自己責任にて!

シュアラスター ゼロバリア

成分表をみると、基本的に水濡れしていいものにはだいたい使えるみたい。これはちょっと手放せなくなりそうだ。

ROUND② 洗ったばかりのオフロードブーツ

オフロードブーツ。こいつも汗&泥まみれになる割に洗いにくいし、乾きにくいのでついつい履いたまま放置しがちなシロモノだ。ただ水溜りの中を走ったりして濡れてしまうと途端に沼臭がしだすんだよね(笑)。河川敷やオフロードコースの水溜りには相当量の雑菌がいるようだ。こうなるとさすがに“めんどくせえなぁ…”と丸洗いすることになるのだが、オフロードブーツって洗っても洗っても洗ってもオレ臭&沼臭はなくならないんだよね。…というか洗った直後は洗剤や石鹸のいい香りなのだが、乾きが異常に悪いおかげで、数日かけて乾かす段階でわずかに残った雑菌が再び繁殖して臭い出すって感じ。まぁ、こいつは間違っても人様に貸し出すことなどないし、そういうものだと諦めていたのだが、せっかくなので洗い終えた後、生乾き臭がしだしたところで吹きかけてみることにする。

シュアラスター ゼロバリア

洗い終わった後、ひっくり返して半日ほど水抜き。その状態でシュアラスター ゼロバリアを噴霧! つま先の奥の方にも手を突っ込んでスプラッシュ!

 

するとどうだろう。まず嫌な生乾き臭がなくなった。さらに布団乾燥機のノズルを突っ込んで半日ほど強制乾燥させてから恐る恐る匂いを嗅いでみると? …明らかに俺臭&沼臭が少ない。これはイケそうだとさらにシュアラスター ゼロバリアで追い討ちをかける! 

シュアラスター ゼロバリア

シュアラスター ゼロバリアには、乾かしにくいモノにかければ生乾き時の雑菌の繁殖も抑える効果もあるもよう。革つなぎなどのそう頻繁に洗えないものにも使えそうだ。

 

シュアラスター ゼロバリア

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事