タンデムスタイルの特徴

誌名に”タンデム”というキーワードが入っているため、二人乗り向け二輪誌というイメージを持つ人もいるようですが、それは違います。もちろん二人乗りの楽しさを伝えることもありますが、本誌的には”タンデム”という言葉は”読者と編集部をつなぐ””読者同士の輪が広がる””みんなで楽しく”という象徴的な意味を持たせています。

つまり『タンデムスタイル』は、バイクのカテゴリーや排気量、ライダーの性別・年齢などを問わずに”みんなが楽しめる総合バイク雑誌”が基本コンセプトなんです。

そしてもうひとつのコンセプトは”ビギナー大歓迎”ということ。バイクライフを送るうえで抱く疑問、バイクに関するメカニカルな疑問の解説をはじめ、楽しく・安全なバイクライフを送るために役立つ情報を盛り込んでいます。これからバイクライフをスタートさせる人、数年ぶりにバイクライフを復活させる人は、ぜひ一度本誌を手に取っください。後悔はさせませんよ!

 

編集部はこんな感じ

編集部の全景は”社外秘”というわけでなく、乱雑すぎるためご容赦を…。

デジタル化が進んでいる部分もありますが、まだまだアナログな作業も少なくありません。ちなみに取材は日中に行なうため、デスクワークが暗くなってからが基本ですね

編集長はこんな人

2003年にクレタに入社。当初は『タンデムスタイル』を中心に『カスタムピープル』や『カワサキバイクマガジン』の編集を担当し、のちにカスタムピープルの編集長に就任する。

2015年8月からは『アンダー400』をメインに手がけ、2021年8月から『タンデムスタイル』の編集長に。

現在所有するバイクはカワサキ・ゼファー750・カワサキ・ニンジャ250SL、ヤマハ・セロー250、ヤマハ・YZ250FX

内容はどんな感じ?

2021年7月24日発売号までは、前編集長・岩崎の主導で製作が進めてきました。

8月24日発売号から吉田の仕切りに。基本コンセプトは変わりませんが、連載などリニューアルしていく予定です

また定期刊行は『タンデムスタイル』のみですが、女性向けバイク雑誌『レディスバイク』や中型限定雑誌『アンダー400』も不定期で刊行していくので、そちらの方のチェックもぜひお願いします!

【出版元】

株式会社クレタ

 

【雑誌名】

タンデムスタイル

 

【発売日】

毎月24日発売

 

【関連リンク】

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事