カワサキは、量産モーターサイクルとして世界で初めてストロングハイブリッドシステムを搭載した「ニンジャ7ハイブリッド(Ninja 7 Hybrid)」を6月15日に発売すると発表した。

●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:カワサキモータースジャパン

AT限定・大型二輪免許で運転できる電子制御6速オートマチックを採用

ニンジャ400系エンジンを451ccにスープアップし、量産モーターサイクルとして世界初のストロングハイブリッドシステムを搭載する「ニンジャ7ハイブリッド」が2024年6月15日に発売される。

搭載する451ccエンジンは海外仕様のエリミネーターと同じ(国内は398cc)であり、ハイブリッド採用により700ccクラス並みの動力性能を得ている。それでいて、燃費は250ccクラス並み、車体サイズは600c並み、そしてカワサキ名物のeブーストを使用すれば発進加速は1000cc並みという、新しい価値を提供する乗り物がニンジャ7ハイブリッドだ。

ガソリンエンジンは最高出力58ps/10500rpm・最大トルク4.4kgf・m/7500rpmで、これにモーター出力を合わせることでシステム全体では69ps/10500rpm・6.1kgf・m/2800rpmを実現している。モーターは最大トルク3.7kgf・mを0rpmから発揮するため、ゼロ発進ですでに400ccクラスの最大トルクが得られていることになり、eブースト使用での発進加速が1000cc並みというのは誇張でもなんでもないだろう。

また、スペック表の燃料消費率は23.6km/Lとなっているが、これはスポーツハイブリッドモードのMTによるもの。エコハイブリッドやEVモードを駆使すれば、さらに伸ばすことも容易なはずだ。

クラッチレバーは存在せず(油圧クラッチシステムはマシン側でコントロールされる)、変速は電子制御6速オートマチック。変速を全て自動とすることもできるが、左手元のシフトセレクタによってマニュアル操作も可能だ。走行モードはエンジンとトラクションモーターをフル活用する「SPORT-HYBRID」、モーターで発進し、必要に応じてエンジンが協調する「ECO-HYBRID」、静かでクリーンな低速用の「EV」の3つが用意される。

先行して発売された原付二種クラスのEV「ニンジャe-1」で初採用した、モーター出力をブーストさせる『eブースト』も搭載するが、ニンジャe-の15秒間に対し、5秒間の限定となる。これは、5秒で十分以上の速度に達してしまうことを意味しているととらえていいだろう。ちなみに、ニンジャe-1ではスロットルを戻すとeブーストがキャンセルされたが、eブーストボタンを押せば再び動力が増幅されたので、そのあたりの振舞いがニンジャ7ハイブリッドでどうなっているのか楽しみだ。

eブーストを使用した際の発進加速は1000ccクラスのニンジャZX-10Rに匹敵するといい、ニンジャe-1と同様に最初の数10mは強烈な加速力を発揮するものと思われる。250ccクラス並みの燃費は回生システムなどにより実現。アイドリングストップ機能や、何速で停止しても発進時に自動的に1速を選択してくれる“オートマチック ローンチ ポジション ファインダー(ALPF)”などを備えている。

また、モーター搭載ならではの機能として、駐輪場などでの取り回しに便利なウォークモードも装備。スロットルを前または後ろにひねることにより、前進(約3km/h)/後進(約2km/h)で進めることができる。

各モードの比較表。スポーツハイブリッドモードではMT操作のみでエンジンをフル活用かつeブーストが有効としているのに対し、エコハイブリッドモードはMT/ATが選べ、バランスよく使用しながらエネルギーを無駄遣いしないよう抑制している。MT設定の場合でもALPFのON/OFFは任意で選ぶようだ。ウォークモードはいずれの走行モードでも選択可。

エンジン+モーターの組み合わせはコンパクトで、普通の内燃機関を搭載していると言われたらわからないかも? ニンジャ400に対しスイングアームが延長されているのは、シート下にバッテリー搭載スペースを確保するためと強い発進加速に対応するためだろう。

車体は、ニンジャ400などでおなじみのスチール製トレリスフレーム。理想的な前後重量配分を実現するために、車体の中心近く(具体的にはシート下)に48Vリチウムイオンバッテリーを搭載する。車体カラーは、マット仕上げのライムグリーンを施したアンダーカウルと、シルバー×ブラックのボディワークを組み合わせた。

フルカラーTFTメーターにはライディオロジーアプリのカスタムバージョンを介したスマートフォン接続機能を採用している。

このほか、国内仕様では高速道路で便利なETC2.0車載器キットを標準装備。また、1か月目点検に加え、3年間の定期点検とオイル交換(フィルター含む)を無償で受けられる“カワサキケア”も付帯する。発売日は2024年6月15日、価格は184万8000円だ。

KAWASAKI Ninja 7 Hybrid[2024 model]スタイリング

KAWASAKI Ninja 7 Hybrid[2024 model]

ニンジャ7ハイブリッドのスペック

車名 Ninja 7 Hybrid
全長×全幅×全高 2145×750×1135mm
軸距 1535mm
最低地上高 130mm
シート高 795mm
装備重量 228kg
エンジン型式 水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量 451cc
内径×行程 70.0×58.6mm
圧縮比 11.7:1
最高出力(エンジン) 58ps/10500rpm
大トルク(エンジン) 4.4kgf・m/7500rpm
モーター 水冷交流同期電動機
定格出力(モーター) 8.2ps/2800rpm
定格トルク(モーター) 2.0kgf・m/2800rpm
最高出力(モーター) 12ps/2600-4000rpm
最大トルク(モーター) 3.7kgf・m/0-2400rpm
システム最高出力 69ps/10500rpm
システム最大トルク 6.1kgf・m/2800rpm
変速機 常時噛合式6段リターン(オートメイテッド)
バッテリー リチウムイオン(54V/27.2Ah)/重量13kg
燃料タンク容量 14L
WMTCモード燃費 スポーツハイブリッド(MT)=23.6km/L(クラス3-2、1名乗車時)
キャスター/トレール 25.0°/104mm
タイヤサイズ前 120/70ZR17
タイヤサイズ後 160/60ZR17
ブレーキ前 φ300mmディスク+2ポットキャリパー
ブレーキ後 φ220mmディスク+2ポットキャリパー
価格 184万8000円
車体色 メタリックブライトシルバー×メタリックマットライムグリーン(SL1)
発売日 2024年6月15日

ディテール解説

451cc水冷4ストローク並列2気筒エンジン(ICE)のシリンダー後方にコンパクトなトラクションモーターを搭載。ストロングハイブリッドシステムを採用したパワーユニットは量産モーターサイクルとして世界初だ。φ36mm電子制御スロットルを採用し、スリーブレスシリンダーにはニンジャZX-10RやニンジャZX-6Rto同様のメッキボアを採用。吸気経路はダウンドラフトとしている。

3つのドライブモードによる出力の違い。eブーストが使用できるのはスポーツハイブリッドモードのみだ。

SPORT-HYBRIDモード
– エンジンフルパワー
– エンジンは常時作動
– e-boost利用可能
– MT操作のみ

ECO-HYBRIDモード
– モーター始動+EV/HEV切替
– アイドリングストップ機能
– e-boostなし
– 選択可能なMT/AT

EVモード
– モーターのみ作動
– AT操作(1速-4速ギアのみ使用)
– 低速、短距離のライディング

ライムグリーンのダクト類や、シフトペダルがないことなどがハイブリッドを感じさせる。マフラーは普通の内燃機関搭載車と変わらない。

ニンジャZX-6Rと同じくコンパクトな新型プロジェクター/リフレクター式ハイブリッドヘッドライトを採用。

最高峰のニンジャZX-10Rと同様にリバーマークを採用しているのは、革新的な世界初ストロングハイブリッドゆえ。

ロアカウルに設置された冷却ダクトは、右側がシート下のバッテリーパックへ、左側はISGへと導風する。

電子制御6速トランスミッションは油圧クラッチとギアシフトを機械側が行うが、走行モードによってライダーが左ハンドルのシフトセレクタによってマニュアル操作することも可能だ。右手側にeブーストボタンがある。

スポーツハイブリッドモードではギアシフトがマニュアル操作に。eブーストが使用できる。

エコハイブリッドモードはギアシフト操作がMT/AT選択可。全モードでバッテリー残量が画面左、燃料残量が画面右に表示される。

EVモードはモーターのみの駆動となり、ギア操作はなくATのみ。

取り回しで便利なウォークモードでは画面がオレンジ色になる。

ハンドルバーはトップブリッジ上にマウントされるセパレートタイプ。スイッチ類の豊富さやクラッチレバーレスが新世代の乗り物を意識させる。

スマートフォン接続なども含め、各種セッティングはメーター画面上で行う。右側インジケーターの亀マークはモーターの熱管理上eブーストが使用できないときなどに表示される。

燃料タンクは14Lと小さめだが、エコハイブリッドモードなどを駆使すれば十分な容量だろう。シートは快適性を考慮した肉厚なタイプ。

【EICMA 2023にて】ニンジャ7ハイブリッドは、セパレートハンドルながら適度な前傾ポジションで高速クルーズが楽そう。ステップ位置は低めで膝の曲がりは穏やか。足着きは両足の親指付け根がしっかり接地し、不安は少ない。(身長170cm/体重71kg)


フロントはφ300mmダブルディスク+スライド式2ピストンキャリパー。フロントフォークは正立タイプだ。

長めのスイングアームを採用。ディスクブレーキにはφ220mmディスク+2ピストンキャリパーを装備する。

その他のニンジャ7ハイブリッドの写真

KAWASAKI Ninja 7 Hybrid[2024 model]

掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEB YOUNG MACHINE - NAIGAI PUBLISHING, Co., Ltd. All rights reserved.

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事