屋久島から帰ってきて、いよいよ九州一周へ出発!これから九州を時計回りにまわります。

鹿児島の女性ライダー2人と共に

今回鹿児島で数日間、泊まらせていただきお世話になったみどりさん(真ん中)と、今回の旅で出会ったえみさん(右)。二人とも鹿児島在住のライダーで、結婚と出産を機に一度はバイクを降りたものの、「またバイクに乗りたい!」と後々に、大型自動二輪免許を取るために教習所に通ったのだそう。

最後にお見送りがしたい!と言ってくれ、鹿児島の薩摩半島を案内してもらいながら、熊本との県境出水市まで旅の道中のツーリングをしました。みどりさんはヤマハドラッグスター250(左)、えみさんはカワサキZRX1200(右)なのですが、3台がパーキングに並ぶと迫力がすごい。

JR線最南端の西大山駅

まずやってきたのは、鹿児島県指宿市山川大山にあるJR線最南端の西大山駅です。西大山駅は、JRの日本最南端に位置する小さな無人駅です。一面に広がる田園風景の中にひっそりとたたずみ、目の前には「薩摩富士」と称される開聞岳がそびえたち、素晴らしい景観が望めます。

日本本土四極の岬で到達証明証を集めるのは日本1周ライダーの中では一つの目標ではありますが、JRの本土四極の駅がこのようにPRされているのは今回初めて知りました。他の三極も攻めたい、そんな衝動に狩られるのがライダーの宿命でもあります。

スポーツ選手も訪れる釜蓋神社

西大山駅から約30分の場所にある射楯兵主神社(いたてつわものぬしじんじゃ)、通称は釜蓋(かまふた)神社。武の神様で厄除け、開運にもご利益があり、芸能人やスポーツ選手も訪れる話題のパワースポットです。多くの有名人が参拝しご利益を得たことから、一躍有名になりました。

スポーツのみならず、受験、闘病など何かの勝負に勝ちたい人に人気がある神社です。

この神社は、参拝方法がとっても面白いんです。直径30cmほどの木彫りの釜蓋を頭の上に載せ、約8mの距離を歩き、その釜蓋を落とさずに参拝することができれば、願いが叶うと言われています。

私もせっかくなので、挑戦!途中階段があってそこはバランスを保つのに苦戦しましたが、拝殿まで釜蓋を載せて歩くことができました。

枕崎といえば有名なカツオ

枕崎市はカツオの町。カツオ節生産量は日本一を誇り、市内には多くのカツオ節工場が点在します。なので、市内に入ると工場からカツオ節のいい匂いが漂ってきます。

カツオ節はもちろんですが、ここ枕崎市はおいしいカツオ料理も自慢。刺身やタタキだけでなく、かつおラーメンや船人めしなど、個性的なカツオグルメを楽しむことができます。

今回は枕崎市の「旬鮮食楽 燵人」で食べられるカツオづくしの「枕崎定食」をいただきました!

また会える日まで

楽しく、充実した1日で、あっという間に県境の出水市までついてしまいました。最後は涙が出てきてしまうほどで、精一杯のハグをして今回の旅ではお別れ。

また会える日を楽しみに、次の目的地へ向けて出発!

日が傾いてきたので阿久根市の海岸で日暮れを待っていると、見たこともない美しいサンセットを見ることができました。夕日が海に反射して虹色のような波が打ち寄せてきました。

後から、阿久根市はサンセットロードと呼ばれるほど美しい夕日が見れるスポットだとわかりました。

今回のルートはこちら。1日のトータル走行距離は232キロでした。次は、長崎県を目指します。それでは!

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事