前回の記事はコチラ

鹿児島県の長島から熊本県の天草を通り、フェリーを乗り継いで長崎県を目指します。今回はフェリー出航のタイミングの関係で、天草近辺の写真が撮れなかったです…。

まずはレッドバロンへ

旅から1ヶ月以上が経過し走行距離もかなり伸びてきたことに加え、少しバイクの調子が悪い(エンジンが吹け上がらない)と感じ、長崎県ではまずレッドバロン大村に寄って車両チェック&メンテナンスの為、ピットイン!

レッドバロンは全国に300店以上店舗があり、整備情報を全店舗で共有しているので、いつでもどこでも対応してくれるので安心です。この「赤い顔のマーク」の看板が目印になるので、初めての土地でも遠くからすぐにわかりました。

オイル&フィルター交換

 オイルフィルターは2回に1回の交換が目安。前回フィルター交換をしなかったので、今回オイルと一緒に交換しました。

オイルリザーブシステム

ちなみに、レッドバロンにはバイク購入と同時にオイルをリザーブ出来るシステムがあり、有名オイルメーカー「エルフ」や「モチュール」のオイルを一定量リザーブしておけるシステムがあります。

リザーブしたオイルは、レッドバロンでオイル交換をしたときに所有量から使用量を引いていくという事になります。その為、オイルリザーブシステムを加入している人はバイク購入と同時にオイルも購入しているので、オイル交換時は交換技術料を支払うだけなのです!

一缶50円で買える自販機

レッドバロンにある飲料自販機は、基本的に全ての飲み物を50円で購入することができます。めちゃくちゃ安いですよね。

そして飲んだ後は「つぶさなあ缶器(かんき)」という、面白いネーミングの缶潰し器で、缶を潰すことができます。思わず「つぶさな、あか〜ん!」と呟いてしまいました。

コンピュータ総合診断機ACIDM(アシダム)

レッドバロンが開発した「コンピュータ総合診断機ACIDM(アシダム)」は車両状態を的確に診断、判断することができるマシン。このACIDMが全店に設置してあります。

診断結果はグラフや数値としてプリントアウトして、愛車の状態を可視化出来ます。フレーム適合検査をはじめ、マフラー交換やセッティングを変更した際の結果測定も出来ます。

今回、エンジンの吹け上がりが気になっていたので、ACIDMで診断。診断結果を基にスタッフの方が導き出した答えは「おそらくプラグですね」…ということでプラグを新品に交換してもらいました。おかげで交換後の走りが絶好調になりました!

店長に聞いた長崎おすすめスポット

メンテナンスを終えて、バイクも絶好調!そしてレッドバロン大村の店長さんに聞いた、長崎県のおすすめスポットに行ってきました。

ドラゴンロード

長崎県千々石町から雲仙の温泉街まで走る、県道128号線のいわゆる雲仙千々石線は、通称「ドラゴンロード」と呼ばれバイク乗りに人気な道の一つでもあります。

折り重なる様に曲がりくねった路は、まさにドラゴンが畝っているような路。

写真の通り、急カーブが沢山あるので初めて走る時はスピードに注意が必要です。雨上がりなどの濡れた路面では、滑りやすいので安全第一で。

雲仙温泉

せっかくなのでそのまま雲仙温泉まで行ってきました。温泉街が近づくと硫黄の香りが漂ってきます。

温泉街と一体化するような「雲仙地獄」は、荒涼とした大地から聞こえる湯の湧く音や蒸気が激しく立ち昇る様子を見ることができますよ。

ご当地グルメ「じゃがちゃん」

レッドバロン大村の店長に激推しされた「千々石観光センター」で販売されている「じゃがちゃん」。サクサクの衣をまとったじゃがいもはホクホク。味付けは、このお店のスタッフの方がオススメする塩バターでいただきました。

食べたことのない食感と、味付けにやみつきになります。

長崎県はじゃがいも特産地。素材の美味さをより感じられました。

今回のルートはこちら。1日のトータル走行距離は200キロでした。次回も長崎散策が続きます。

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事