前回の記事

普段のツーリングの流れで、「まぁ、いいか」なんて思ってしまう救急用品の準備。長旅では慣れない道や普段と違う生活で疲労も重なり、気をつけていても旅先では何が起こるかわかりません。

私自身の過去の経験から、救急用品の準備が必要な理由や購入するといいものなどを紹介します。

経験から学んだ!必ず準備している救急用品セット

私はこれまでバイクでまわる東日本の旅や海外の旅を1人でしてきましたが、救急用品を持たずに旅をしていた過去があり、転んで怪我をしてしまったことがあります。当時は、幸いにも近くにいた地元の男性が助けてくれ、消毒液を持っていたのでそれで応急処置をし、その後にドラッグストアで用品を購入しました。

一時が万事。すぐに怪我の処置をすることで、その後の完治にかかる長さにも関わってきます。

その経験以降は、旅の際に必ず救急用品セットを持ち歩いています。自分の為だけでなくても、例えば旅先で出会った目の前の誰かを助けることもできるので準備しています。

これだけは持ってるといい救急用品

救急用品といっていも何があるといいのか、いざ買おうとすると迷ってしまいますよね。私が実際に購入し、旅先で使うシーンが出やすいものをまずは紹介していきます。

消毒

消毒は、液体タイプと、綿タイプがあります。小さい擦り傷などには綿タイプが使いやすく、手の消毒など普段使いもできます。コンパクトなのでジャケットに忍ばせておくこともできますよ。

液体タイプは、より広範囲の消毒に使えます。転んで怪我をした時に必ず必要なので、念の為私は2タイプ用意しています。

オロナイン

万能薬のオロナイン!擦り傷だけではなく、軽い火傷にも使えます。キャンプをして調理をする際に火傷をしてしまうことも稀にあります。20グラムの小さいサイズがあれば十分です。

絆創膏

絆創膏は様々なタイプが出ていますが、水に強いウォーターブロックで通気性もいいタイプだと、水を気にすることなく使えます。

プラスアルファー持ってるといい救急用品

これもあるともっといい!先ほど紹介したものに加え、より怪我の対応ができるプラスアルファー持っているといいものを紹介します。

滅菌パッド

絆創膏ではおさまりきらない広範囲の傷や怪我にはこの滅菌パッドがおすすめです。過去に転んでしまった時に大きめの怪我をしてしまったので、こちらのパッドも私は持っています。

包帯

滅菌パッドに被せる包帯は、パッドがズレたり、剥がれてこないようにするために役立ちます。

意外に使えるその他の用品

エアーサロンパス

今回の旅で、実はかなり役立っているエアーサロンパス。長距離のライディングで足腰肩などの疲労が溜まっているところや、痛みがあるところにシューっかけるだけで、すごく楽になります。

ライディングや観光に加え、毎日荷物を降ろしたり積載する際にかなり疲れが蓄積されていたので、持ってきてよかった!と痛感しています。

液体ムヒ

キャンプをしているときは特に虫除けスプレーをしていても、いつの間にか虫に刺されていたなんてことも…。液体ムヒは、虫刺されやかゆみにも即効性があります。

解熱鎮痛薬

解熱鎮痛剤は、頭痛だけではなく外傷痛や筋肉痛にも使える錠剤でこちらも持っていくと色々な場面で役に立ちます。錠剤によって合う、合わないがあると思うので自分に合ったものをチョイスしましょう!

旅を最後まで終えるのが目的だからこそ

救急用品を準備をしても使わない、なんてこともあるかもしれませんがバイクでの旅は怪我なく安全に、そして最後まで終えることが最大の目的です。今ではいい思い出ですが、これまで旅をしてきて自分で痛みも味わったからこそ救急用品は、絶対に準備した方がいいと思います。

ドラッグストアだけではなく、100均ショップにも売っているのでお手頃に揃えることもできますよ。

 

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事