前回の記事

最近はアウトドアブームで、キャンプツーリングをするライダーを見かけることも多いのではないでしょうか。これからのシーズンは特にキャンプに適した季節になってきます。今回の西日本の旅中は、ホテル、ゲストハウスに泊まることもあればキャンプをすることもあります。

キャンプの醍醐味は、なんといっても開放感のある時間を過ごせること。普段の生活から少し離れて自然の中に身を置くことで、朝起きたときの心地良さが違ったり、作ったご飯がいつもより美味しく感じられます。

キャンプ場にもよりますが、バイクを隣に置いて眠ることができるテントサイトがあったり、ライダー友達と一緒だからこそ、よりその時間が楽しかったりと魅力はたくさんあります。

キャンプツーリングをしてみたいけど、どうしたらいいのか?何が必要なのか?私がキャンプを始めたきっかけや、これまでのキャンプで分かった必要なものなどを今回の記事でお伝えしていきます!

 

キャンプを始めた、きっかけ

きっかけは、キャンプのグッズが次々と集まり出した不思議な出来事がきっかけです。「バイクでキャンプをしてみたいな」と思っていたものの、周りにキャンプをするライダーの友達はおらず、特にアウトドアショップに足を運ぶわけでもありませんでした。

でも、SNSで投稿した写真が雑誌に使われたお礼の品物が届いたり、懸賞に当選したりと集まるものは「キャンプで使うアイテム」。これはキャンプをしなさいと言うことだな!と勝手な解釈のもと、それから身の回りの人に聞いてみたり、手探りながらにキャンプ道具を集め始めました。

初バイクでキャンプにしてソロキャンデビュー

初めてのキャンプは、なんとソロキャンプから始まりました。友達とはタイミングが合わず、「行ってくるね!」とだけ告げ、せっかくならと、ロングツーリングがてら行ったことのない兵庫県の淡路島まで行きました。

初めてなので、安心安全で設備も充実した『休暇村南淡路』のキャンプ場を選びました。電源付きで、区画もあり、バイクはテントの横に停められる場所です。

これだけはあるといいキャンプグッズ

テントは2〜3人用

テントを選ぶ時に2〜3人用のテントをおすすめします。キャンプをしていて、朝起きた時にテントに水滴がびっしりついている…というのはよくあること。これは「結露」によるものです。

春夏に比べて気温がグッと低くなる冬は、この結露が特に起こりやすい季節。せっかくの荷物が濡れてしまっては着替えも、気分も台無し!

1人用のテントだと、1人が寝るスペースしかないので荷物は外に置くしかないのですが、2〜3人用なら中に入れるスペースがあるので、露対策にも防犯対策にもなります。

寝袋

寝袋は、2000円台で買えるものから、数万円するものまで様々です。安い物は生地が薄いので、夏場は十分です。ですが、冬はとても寝れないのが事実。

なので、値段は少しはりますがmont-bellがおすすめです。 コンパクトに収納できる上、すごくあったかい。サイズもキッズ・レディース・メンズと豊富にあって体型に合ったものを選ぶと寝袋と身体が密着して、秋・冬のキャンプも寒さに耐えながら過ごさなくてはいけない、なんてこともなくなります。

私自身、最初は安いものをと選んで使っていたですが嵩張るし、秋冬は寒くて結局毛布を使わなくてはいけないという経験をしてきたので、これからのキャンプに備えて新調しました!

サンダル

荷物が増えるだけだし、サンダルなんていつ使うの?と思うかもしれません。でも、キャンプは家での日常生活がそのまま外にうつります。トイレに行く時や、外で何か作業するときにブーツを履いたり脱いだりすることもなく、足も疲れずに快適に過ごすことができます。

厚手のタイプだと少し荷物がかさばるので、サンダルはビーチサンダルがおすすめです。

アウトドアライト

キャンプ場に着くのが遅くなってしまった時、夜中にトイレに行く時などライトがあるととっても便利です。今は様々なアウトドアライトが出ていて、電池タイプ・USBで充電するタイプ・太陽光で充電するタイプなどがありますが、用途や必要だと思う光の明るさで選ぶといいです。

あると便利なキャンプグッズ

ブルーシート

ブルーシートはテントの下に敷く時にあるといいです。ホームセンターで数百円で買えるし、意外にも防水機能がめちゃくちゃいいんです。

芝生でも、土でもテントを直に地面につけてしまうと濡れていたりして、汚れてしまうこともあります。濡れたまま放置するとカビの原因にもなるので、ブルーシートを挟んでおくことをおすすめします。

エアマット

寝袋の下に敷く、エアマットがあるとより快適な睡眠がとれます。テントの上に寝袋だけで寝ると、身体の重みで寝袋ごと地面に当たってしまい、痛くて眠れないなんてことも…。

寝袋同様のブランドでなくても、ネットショッピングで数千円のものもあります。私は、ネットで購入したものを使っていますよ。

ちなみに、キャンプ用のマットにどんな種類があるかは、ツーリングマガジン「アウトライダー」編集長を務めた菅生さんが執筆されたこちらの記事で確認できます!

アウトドアチェア

ツーリングを終えて、テントをはりおえると、どうしても一息つきたくなります。アウトドアチェアがあれば、自然の中に身を置いてゆっくりとお茶やコーヒーえを飲みながらご飯の支度をする、なんていうこともできます。

キャンプ場の選び方

キャンプ場は、無料で使用できるところからしっかりと整備されていてシャワーなどがある有料のところなど様々です。無料のキャンプサイトの場合は近くの銭湯などの入浴施設に行けば、お風呂問題は解決できますよ!

「キャンプ場マップ」というアプリケーションを使えば、前もってキャンプ場を決めなくても、現在地から近くのキャンプ場を探すことができて、旅先でも簡単に見つけることができます。また地域のフリーペーパーにもキャンプ場が掲載されているので、道の駅などに寄って情報をゲットすることもできます。

一人も楽しいけど、誰かとはもっと楽しい!

一人の時間をゆったりと過ごすことがきるソロキャンプももちろんいいのですが、ライダー友達と一緒に過ごすキャンプは、もっといい!

一緒に何かを作ることや、話に花が咲いて夜遅くまで起きていることも、住んでいる場所や年齢が違ってもバイクという共通の趣味が「キャンプで過ごす時間」を最高に楽しくさせます。

 

これからは、キャンプにぴったりの季節。一度してキャンプツーをしてみると、けっこうハマってしまったりもします。まだ、バイクでキャンプに出かけたことのない人も今回の記事を参考に、まずは試しにアウトドアグッズを見にお店に足を運んでみてください‼︎

 

 

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事