大自然の中だからこそ感じる気温の変化

前日、私が日本一綺麗だと思う四国カルストの星空を見て熟睡した2人。朝は、4時に起床して日の出を見に行きました。日の出前はまだ少し肌寒い気温も、日が登った瞬間に温度が変わるのを感じます。太陽ってすごいな、と自然の偉大さを感じられるのはこの場所だからこそ。

この日は雲海を見ることができなかったのですが、カルスト周辺に雲が低くかかっていたのでくっきりとした太陽を見ることができました。あたりは太陽の光でオレンジ色に染まり、幻想的な景色が現れました。

朝も昼も夜も、その時によって違う景色を見せてくれる四国カルスト。人生に一度は訪れてみたいと思いませんか?

不思議な雲の動き

すっかりと日が登り、少し汗ばむ程まで気温が上がりました。満足に撮影を終え、テントまで戻る道で不思議な雲を見ました。山肌をなぞるように流れていく雲。

これは「滝雲」と言われるそうで、寒暖差がもたらす雲で秋によく見られるのだそう。季節の変化で、雲の姿もさまざま。自然って本当に面白いですね‼︎

四国カルストから帰りたくない!

朝食は前日に購入した食材や残り物のスープと、わたしがお気に入りで使っているCHUMSのホットサンドメーカーでサンドウィッチを作りました。お気に入りの理由は、焼け目の表面にはブービーバード、裏面にはチャムスロゴの焼き目が付けられ、思わず笑顔になれる可愛いホットサンドが作れからです。

ちょっとだけ焼き目が強すぎました。もう少し薄いぐらいがベストです。

おすすめの作り方は、6枚切りの食パン2枚を使って作るボリューミーなホットサンド。コンビニで買えるポテトサラダやチーズ、フライドチキンなどを好きなものを挟み、両面を焼き目がつくまで焼くだけ。

朝から豪華なブレックファーストを食べてお腹もいっぱい。美味しい空気と、大自然の中で食べる朝食でのんびりとした気持ちになりました。出発の準備をし始めるも目標時間を大幅にオーバーして、結局キャンプ場を出たのはお昼近くになってしまいました。

天狗高原から、姫鶴平に向かう道中は四国カルスト1番の絶景スポット。遠くに、牛舎や風車が望めるこの場所は、日本にいることを忘れてしまうほどのパノラマが広がっています。

何度見ても心が躍るこの景色。去年この場所を訪れた経験から今回はもう1泊伸ばして2泊滞在したのですが、それでも満足に散策ができませんでした。何をしていなくても、あっという間に時間が過ぎてしまうんです。

一緒にキャンプをしたさちさんも「帰りたくない〜!」という本音がもれ、また来年も来る約束をして次の目的地へ向かいました。

愛媛県今治市のご当地グルメ、焼豚玉子飯

この日は四国滞在最終日ということもあり、愛媛県今治市で超有名なご当地グルメを食べにやってきました。それが愛媛県今治市民のソウルフードとして親しまれている焼豚玉子飯」。B-1グランプリで知名度を上げ、その人気はうなぎのぼりとなり、現在では市内50店舗以上で提供されています。

今回訪れたのはその外観から「ここは間違いない」といった雰囲気が感じられる、白龍。このお店では、焼豚玉子飯とスープがついて650円(税込)で提供されています。「安くて、早くて、うまい」の3拍子が揃った今治市のご当地グルメ、ぜひとも味わってみてください!

白龍は、ランチタイムを16時まで営業しているのでお昼時を逃してしまった!という方にも有り難いお店です。食事を終え、愛媛ライダーのさちさんとはお別れして宿をとってある岡山県倉敷市へ向かいました。

今回のルートはこちら。1日のトータル走行距離は290キロでした。次は、関西方面へ戻るため兵庫県に向かいます。

(つづく)

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事