ある日、レッドバロンへ愛車のメンテナンスに行った時のことです。
いつものように店内の用品売り場を眺めていたところ、あるものを発見しました。

「あれっ? ROM(レッドバロンオリジナルブランド)ってフルフェイスヘルメットも取り扱っているんですか??」

それだけではありません。ポップをよく見てみると…おやっ?
「OGKカブト×レッドバロン コラボモデル」と書いてあるじゃないですか! これは気になります~っ!!

OGKカブト×レッドバロン『SHUMA』

こちらがOGKカブト×レッドバロン コラボモデルの『SHUMA(シューマ)』です。

価格は税込31,900円、サイズ展開はS~XLがあります。( S:55~56cm M:57~58cm L:59~60cm XL:61~62cm)

コラボモデルとは言うけれど、一体どこが通常版のSHUMAと違うのでしょう?
そう思って調べたところ…ROMの商品ページで答えを発見しました。

コラボモデルでは、カラー展開がブラック・グレー・ホワイトの3色。限定カラーなのです!

通常版のカラー展開はブラックメタリック・フラットブラック・パールホワイト・ガンメタ・シャイニーレッドの5色。
「SHUMAが欲しいけど、(パールやメタリックじゃなく)ソリッドカラーがいいなぁ」という方にはコラボモデルがオススメなのです!

今回筆者が入手したのはグレー。この色、深みや奥行きを感じるような絶妙な色合いでカッコイイんです。

特に好きなのが、横から見たところ。あごから後頭部にかけて入った曲線や、ウェイクスタビライザー(後頭部に入った縦のライン)など、光と影で描かれるラインが映えてキレイだと思いませんか?

またグレーというシンプルなカラーだからこそ、バイクやウェアのデザイン・カラーを選ばずに使えるのも嬉しいですよね。

充実の機能で夏も快適!

もちろんカラーだけではなく、SHUMAならではの機能と仕様も大きな魅力。特に夏は、その抜群の涼しさに驚く人も多いはずです!

ますはSHUMAのために新設計された『ウルトラクーリングシステム』。

フロントにはおでこに3か所、あごに1か所のベンチレーションがあり、低速域から風をしっかり取り込み、走行開始から30秒ほどという速さで涼しさを体感できます。

アゴのベンチレーションは内部で二手に分かれ、口元へダイレクトな風を送ると同時に、シールドの曇りも低減してくれるのだそう!


後頭部のベンチレーションは開閉できませんが、フロントのベンチレーションを閉めておけば、スキマ風はほとんどありません。
付属のチンカバー『ウィンドシャッターNo.7』を取り付ければ、寒い冬も快適に使えますよ!

写真では見えにくいのですが、後頭部には2か所のベンチレーションがあるのです。


ベンチレーションの数・位置・角度・形状などは、いくつものパターンを想定・検証して設計されているのだそう。

内装にも秘密があります。
制菌加工が施された内装は、一部に『COOLMAX(クールマックス)』という素材が使用され、また縫い目のないシームレス加工が風の通り道となって、頭の周辺まで風が届きます。

もちろん、内装は取り外して洗濯OK! パーツは通常版のSHUMAと共通なので、交換や買い替えもスムーズですね。

他にも、ワンタッチで脱着ができる『マイクロラチェットバックル』が装備されていたり、


インカム取り付けを考慮した、専用の取り付けスペースが設置してあったり、


丈夫で持ち歩きに便利な収納バッグが付属していたりと、大満足の機能・仕様なのです!


かぶってみるとご覧の通り、スッキリとしたコンパクトなシルエットです。なんだか顔が小さく見えるのも嬉しいですね!


ちなみに、シールドは帝人株式会社製の熱線遮蔽素材を使用した『UV(紫外線)&IR(赤外線)カットシールド』を採用しているので、日焼けや日光の暑さが気になる人も安心ですね!
別売りの『100%MAX VISIONピンロックシート(CF-1W用)』を装着すれば、曇り止め対策もバッチリですよ~!!

軽い被り心地で快適ツーリング

ここからは、実際にかぶって走ってみた感想です。
SHUMAをテストしてみてまず驚いたのが、その軽さでした。

SHUMAの重さは1,500~1,600g。軽さを売りにしているワケではないはずなのですが…なんでこんなに軽く感じるのでしょう?

しばらく走って気が付きました。おそらく頭へのフィット感・重量バランス・空気抵抗の少なさなどが理由で重量を感じにくいのではないでしょうか。

筆者のバイクは大きなスクリーンが付いているため、検証のため立ち上がって真正面から風を浴びてみても…第一印象からの違いはナシ。軽いかぶり心地です!

この日は気温25度ほどと快適なツーリング日和だったのですが、ベンチレーションを開けると気持ちいい風が適度に入ってきます。風切り音はゼロではありませんが、すぐに慣れる程度。
これは暑い夏でも期待できそうです!


これだけ快適にツーリングを楽しめるヘルメットが税込31,900円、おまけにレッドバロンならコラボモデルのソリッドカラーで手に入るなんて…!
ヘルメットの買い替えを検討している方には、自信を持ってオススメします!!

この記事を読んで気になった方は、是非レッドバロンの店舗へ足を運んでみてくださいね。


【製品ページ】
・ROM OGKカブト SHUMA レッドバロンエディション

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事