前回のお話

今回私が沖縄まで船旅をしたマルエーフェリーで購入した結いきっぷ。このきっぷでこれから、鹿児島県の離島巡りをしていきます。

まずは、与論島へ向けて出発!

まさかの日本一周ライダーが3人も揃う!

沖縄を出発し、次の島を目指すマルエーフェリーに乗って出会った男性2人(左:まさおくん、右:ゆうしんくん)。話を聞けばそれぞれ日本一周をしているライダーとのことで、まさか同じフェリーに同じ日に、3人も集まるという奇跡にびっくり!

せっかくなのでライダー2人に簡単なインタビューをしてみました。

バイクに乗り出したきっかけ

(↑まさおくんSR400)いとこのおじさんがSR500に乗っていて、高校生の時に後ろに乗せてもらったことがきっかけで同じSRを選んで、乗っている。ゴールは浜松。

(↑ゆうしんくんvino)もともと日本一周を自転車でしていて、九州と沖縄はバイクで回ってみたいと思い、途中からスクーターに乗り換え旅をしている。四国は、2ヶ月かけて徒歩で八十八箇所のお遍路巡りをした。ゴールは東京。

日本一周をしようと思ったきっかけ

(まさおくん)付き合っていた彼女と海外旅行のための貯金をしていたけど別れてしまい、貯金もあるし、失恋の傷を癒すために大好きなバイクで日本一周してみようと思った。

(ゆうしんくん)東京で仕事をしていた時に行き詰まり、たまたま星野道夫さんの「旅する木」という本を読んだ。内容は、星野道夫さんが高校を卒業してアラスカを旅した話で、旅に出ることがが面白そうだ、とまずは日本一周をしている。

 

旅する人の話を聞くとそれぞれの旅に出た経緯や、これまでの旅の出来事を聞けるから面白い!また、行く先のおすすめの場所の情報交換もできるので、こういった偶然のような出会いからまたいろいろな世界が広がっていくんですよね。

鹿児島県最南端の離島、与論島に到着。

沖縄本島の北約23kmに位置する、周囲約23kmの隆起サンゴ礁の与論島。島の端から端まではバイクで15分程度でいくことができる島です。鹿児島から南へ約563kmの鹿児島最南端の離島でもあります。

また、ハブがいない島としても知られています。

ヨロンパナウル王国パスポートをGET!!

パナウル王国とは与論島のことで、(パナは花、ウルはサンゴの意味)の造語です。このパスポートがあれば、与論島内の飲食店や施設で割引が受けられてとってもお得!ということで、さっそく与論島の観光協会に行ってきました。

島内の地図や島の言葉が載っていたりと、情報をここから入手することができます。またスタンプを押せるページがあるので、スタンプがあるお店で思い出に一押し。ポケットサイズなのも便利でありがたい!

幻の島、百合ヶ浜ツアー

サンゴ礁のリーフに囲まれた与論島は海がとにかく綺麗‼︎中でも、幻の島と言われる百合ヶ浜は、例年だと春から夏にかけて、大潮の干潮の時間帯にその姿を現します。百合ヶ浜の真っ白い砂浜と、辺り一面が透明に透き通った海はまさに楽園。天国に一番近い幻のビーチ、とも言われています。

私が訪れたは日は残念ながら、その幻の島の姿を見ることができず…。また来た時は絶対にその島を目にしたい!

ウミガメと一緒にシュノーケルできる皆田海岸

「いつかは海亀と泳いでみたい。」そんな夢を昔から抱いていた私ですが、それが突然叶いました!地元の人と何気なく話をしていて、皆田海岸がウミガメと一緒に泳げるという情報を入手し、さっそく行ってきました。

皆田海岸は、与論島の中でも海の色が「ミルキーブルー」と少し特徴的なビーチ。また、マリンスポーツショップが所有しているボートの停泊所になっているので、皆田海岸に来るとシュノーケリング、バナナボート、SUPなどのサービスも受けることもできます。

自分で泳いで行こうとしていると、ボートの船長が声をかけてくれウミガメの出没ポイントに連れて行ってくれました。船を出してすぐにウミガメが現れ、準備が整っている私は海へダイブ!おとなしいので逃げることもなく、一緒に泳いだり、甲羅に触らせてくれました。

絶対食べるべきフード、与論産の島もずく

与論島でとれるもずくは、「島もずく」と言って普通のもずくよりも太く、滑らかな舌触りとシャキッとした歯ざわりが特徴的。こんな美味しいもずく食べたことがない!と誰もが絶賛する食べ物です。

これは連日観光客が訪れ、芸能人も御用達の居酒屋ひょうきんで食べた、もずくソーメン。

また、もずくそばを食べられる定食屋の、青い珊瑚礁もオススメ。実はこのそばには、もずくが練り込められてるので食感がもちっとして、上に乗ったもずくとの相性がばっちり!

与論島は次のフェリーが出るまでの3泊4日間を島で滞在し、周遊しました。次は、沖永良部島へ向かいます!

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事