めっきり寒くなってきて、バイクの出動回数が減ってきたなんて人多いんじゃないかな? そんな寒がりさんには、電熱グローブがおすすめ。「指先があったかい」これだけでバイクはとても快適になります。……なんて走るための話ではなくて、今回は「冬は寒いからバイクに乗らない!」という人のためのお話。

バイクに限らず、乗り物は走り続けていれば問題ないけど、動かさなくなると不具合が出たりする。バイクの場合、冬季の保管に失敗すると突然壊れる……なんてことはないけど、春先に「暖ったかくなってきたし、今日はバイクで出かけよう!」って時にエンジンのかかりが悪くなったりの不調をきたして出鼻をくじかれることが多い。

でも、ご安心を! そんな寒がりさんのための冬季バイク保管講座を2回に分けてお届けします。 今回紹介する長期保管方法を徹底すれば春先にきもちよく走り出せること間違いなしなので、本格的な冬を迎えて作業が面倒になる前に万全の状態でバイクを保管しちゃいましょう!

バイク冬季保管冬眠術① ガソリン満タン!

長期保管は燃料タンク満タン状態が基本。

長期保管は燃料タンク満タン状態が基本。タンクに入る空気が少なければ少ないほどベターです。

 

冬季に限らず、バイクをしばらく乗らない場合は「燃料は満タンにしておく」、これは基本中の基本。というのも、燃料が減っていてタンクの中に大量の空気が入っていると、外気の寒暖の差でタンク内部で結露が起きる。冬の窓ガラスを想像してもらえばわかりやすいと思うけど、燃料タンクの内部に水が溜まってしまうのだ。

ガソリン劣化防止剤なんていうケミカルもある。

ガソリン劣化防止剤なんていうケミカルもある。

 

このガソリンタンク内部に溜まる水は普段から走っていれば徐々に抜けたりするようだが、長期保管となると燃料タンクが鉄製の場合、底に溜まってサビを発生させフューエルラインで不具合を起こしたりするなどの原因となる。またタンクの内部に空気が多ければそれだけ酸素の量も多いということで、燃料そのものも酸化しやすい。長期保管する場合に、タンク内の燃料が減っていていいことはないのだ。

ただひとつ注意してほしいのは、給油上限を超えてガソリンを入れると燃料漏れや始動不良の原因にもなるので、給油口をふさがない程度に給油すること。特に、チャコールキャニスター搭載車(燃料蒸発ガス排出抑止装置。平成28年排ガス規制以降の車両に搭載)では、装置内にガソリンが流れ込むとエンジン不調の原因になる為、要注意。常識の範囲内の“満タン給油”で十分だ。

キャブレター車はひと手間プラス

また乗っているバイクが、近年のバイクでフューエルインジェクション採用のモデルなら問題ないが、キャブレター式の場合はもうひと手間必要。というのもこのキャブレターの内部にはガソリンを一時的に溜めておくフロート室があり、構造上ガソリンが常に空気と触れている。

先ほども説明したとおりガソリンは空気と触れていると酸化、つまりは腐る。それに空気に触れているということは、どんどんガソリンが蒸発していくということ。1週間程度の放置ではどうということはないが、半年、1年といった長期保管となると内部に腐ったガソリンが澱のように溜まり、しかもそれが乾いて粘着質になったりする。春先、これに気づかず、エンジンをかけようとするとこのドロドロの澱がキャブレターに詰まってエンジンの吹けが悪くなったり、最悪全くかからなくなる。もしくはエンジンはかかるがガソリンが溢れ続ける……というのが長期保管したキャブ車トラブルの典型的なパターン。

まずガソリンコックを「OFF」にして……

キャブレターからガソリンを抜く……

キャブレターのドレンボルトを緩めてガソリンを抜く……

 

というわけでキャブレターの内部のガソリンを抜いてあげる必要がある……のだが、キャブレターからガソリンを抜くなんて面倒だよね。そこで簡単な方法を教えましょう。コックをオフにするまでは一緒でそこでエンジンをかけてしまう。アイドリング状態でしばらく待ってもいいし、近所を走ってきてもいい。とにかくキャブレーター内部のガソリンを使い切って意図的なガス欠を起こす。これだけでキャブレターの内部はほぼ空っぽになる。

……ん? 僕のバイクはキャブレター式だけど、コックに「OFF」がないんだけど? という方。そのキャブレターには負圧式という自動コックが備わっており、エンジンをかけなければ「ON」もしくは「RES」の状態で燃料の供給は止まっている。面倒だけどキャブレターのドレンボルトを緩めてガソリンを抜いておこう。ただ、その状態でコックを「PRI」にしてしまうと、途端に燃料が流れ出すので必ず「ON」もしくは「RES」で作業すること。また、基本的なことだけど、キャブレターのガソリンを抜いたあとはドレンボルトの閉めておくのも忘れずに。忘れると春先にエンジンをかけようとして「あっちゃー!」って状況に陥ることになる(笑)。

バイク冬眠術② サビの発生を防ぐ

長年バイクに乗っていて不思議なのは、同じ期間でも“乗り続けている”のと、“放置”では、不思議とサビの発生の仕方が違うということ。乗り続けている間はサビなど発生しないのに、不思議と1ヶ月、2ヶ月放置したバイクカバーを外すとなんだかやたらとサビが目に付く……。サビって人目を気にするのか? ってくらい目を離すとバイクってサビるのだ(笑)。まぁ、そんなことを考えているのは僕ぐらいかもしれないけどね。

ただ、このサビもちょっとした工夫で防ぐことができる。サビとはつまり物質の“酸化”である。ならば「酸化の原因となる酸性物質を取り除く」、「酸素を含む空気に触れさせない」、この2つを行えばサビの発生率をぐっと抑えられるのだ。

寒くなったら洗車なんて絶対したくない。日差しのあたたかいうちに終わらしてしまおう。

特に汚れが付着しやすい足回りの洗車は念入りに!

 

なにはともあれ「酸化の原因となる酸性物質を取り除く」ための洗車を行う。サビの原因となる泥やタール、虫の死骸などを落としてやるのだ。特に足回りにはブレーキダストと呼ばれるブレーキパッドやローターの削りカスが溜まっていてこれがサビの原因になりやすいので念入りに洗うこと。

バイクを洗い終わったらしっかりと水気を拭き取る。余裕があるならちょっと走ってしまって走行風で水気を飛ばし、ブレーキをかけてキャリパーなどを発熱させて乾かしてから拭き取るとより確実だろう。

バイクの冬季保管術

長期保管の前にチェーン注油は必須。もし「バイクを洗う暇がない!」なんて場合でも、せめてチェーン注油だけはしておきたい。

 

チェーンはとてもサビが発生しやすいので、洗車の後の注油は忘れずに! チェーンオイルの役割はチェーンとスプロケットが接触する部分を潤滑することで金属摩耗を防ぐというのが一番だが、金属の表面に油の膜をつくることでサビを防ぐという効果もあるのだ。

そう、サビを発生を防ぐには、金属面にオイルなどで皮膜を作り「酸素を含む空気に触れさせない」ことが重要になる。だったらチェーンオイルをバイクに全体に……なんて発想はあながち間違いじゃないが(笑)、チェーンオイルなどの油はかなりベタベタするし、市販の潤滑油を使ったりすると今度はゴム製品やプラスチックパーツが劣化してしまうことがある。

そこで薄い皮膜をつくるのに便利な“無溶剤タイプ”のシリコンスプレーが登場する。シリコンは熱による変質がなく、ゴムやプラスチックも変質させないという万能物質。どこにかけてもバイクを腐食させることがなく効果的に「酸素を含む空気に触れさせない」ようにできる。ただし、このシリコンは潤滑剤として使われるぐらいよく滑るようになるので、タイヤの接地面やブレーキまわりはもちろんだが、シートやグリップ、スッテップといったライダーが操作する部分にかけると滑ってとても危険なので要注意。

バイクの冬季保管術

バイクのサビ防止には無溶剤タイプシリコンスプレーがいい。僕のオススメはワコーズのシリコーンルブリカント。ちょっと値段は高いけど食品加工の現場でも使えるという安全性重視の一品。他の無溶剤タイプのシリコンスプレーも試してみたけど、明らかコレが使いやすいのだ。

 

僕の場合は長期保管に限らず、エンジンをはじめ、フェンダーやフロントフォークのインナーチューブまで、色々な場所にシリコンスプレーを吹きかけており、タイヤの接地面やブレーキ関連、ライダーが触れる部分以外は常時シリコンまみれ(笑)。仕事柄オフロード走行をよくするんだけど、こうしておくと砂埃などが付着しても水をかければサッと落とせて便利だったりするのだ。

フロントフォークへのワコーズ・シリコーンルブリカントの塗布のススメ

またちょっと脱線するけど、長期保管に限らずサスペンション周りへのシリコン塗布は個人的に超オススメだ。最近、『GoRIDE』というオフロードバイク雑誌の企画で走行距離が約7万km、15年近く乗りっぱなしのWR250Rのサスペンションをオーバーホールに出すことになった。“乗りっぱなしの過走行はNG! たまにはオーバーホールしないとこんなに大変なことに!!”なんて具合のページを作る予定だったのだが、メカニックから分解中に、「ほんとに6万km以上走ってます? フォークオイルは相応に劣化してますが内部の状態が異常にいいです」とお褒めの言葉をいだいたほど。まぁ、オーナーとしてとても嬉しいことではあったのだが、誌面的には想定外。おかげでちょっぴり盛り上がりに欠けてしまったのだ。

ただこのWR250R、一時期は通勤にも使っていたし、オフロードもガンガン走行。洗車もろくに行わず酷使しているくらいの過走行車なのだが、新車で購入した08年時からフロントフォークとリヤショックにワコーズのシリコーンルブリカントを時々吹きかけることだけはずっと続けていた。他に思い当たる節もないし、走行距離の割に内部の劣化が少なかったのは間違いなくこの小まめなシリコーン塗布のおかげだろう。実際、塗るとサスペンションの動きもよく、某有名二輪雑誌で活躍する大御所インプレッションライダーに「君のWR250Rのフロントサスペンション、一見ノーマルだけど俺のWRと違ってなんだかすっごく動きがいいんだけど、なにかやってるの?」なんて聞かれたほど。この方は、バイクメーカーの元開発ライダーという経緯の持ち主でそのあたりの分析眼は間違いないはずだが、思い当たる節はもちろんコレしかない。

バイクの冬季保管術

フロントフォーク&リヤショックの摺動部へ直接シリコン塗布して塗り伸ばす。オーバーホールを行ってくれたメカニックによれば、組み付け時にシリコン系のグリスを使うので内部構造的にもこのインナーチューブへのシリコンの塗布は問題ないとのこと。「これだけ効果が出るならシリコン塗布は続けた方がいいですね」とも言われた。

 

長期保管後には、フロントフォーク内部のダストシールやオイルシールが傷ついてオイルが滲み出す……なんてトラブルが起きることがあるが、その多くはインナーチューブの油切れによるサビの発生や汚れの固着が原因。しっかり洗車を行いシリコン塗布をしておけば、摺動面の油切れを効果的に防ぐことができるってわけだ。“駐輪環境的に水道がなくて洗車ができない”という場合は、せめてフロントフォークとリヤショックの摺動箇所のクリーニングとシリコン塗布だけは行っておきたい。というわけで冬季バイク保管講座の第1回目はここまで、次回もよりコンディションよくバイクを保管するためのテクニックを紹介するぞ!

 

【関連記事】

>失敗したくない! 冬にバイクに乗らないライダーのための冬季保管術 -その1-

>失敗したくない! 冬にバイクに乗らないライダーのための冬季保管術 -その2-

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事