日本の最南端、沖縄へ

(前回の記事はこちら

今回の西日本の旅ではもちろん、沖縄にもバイクで行きます。

バイクに乗りだして、ライダーが「いつかは走りたい」と描く日本の最北端、北海道。ですが最南端の沖縄を走りたい!沖縄にバイクで行きたい!と言う声をなかなか聞きません。でも実は、お得にバイクをフェリーに乗せて沖縄にいくことができるんです!

人とバイク込み!5万円で21日間乗り放題!

マルエーフェリーが出している「結いきっぷ」を使えば、鹿児島から沖縄までの航路がバイクと人を合わせて、21日間乗り放題の5万円だけで行くことができます。しかも、最近世界遺産に登録された鹿児島の奄美群島(奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島)にも行けちゃうんです‼︎※サーチャージといって、船の燃料調整費だけ毎回乗船時にかかりますが数百円です※

購入の仕方は予約することなく、当日受付で大丈夫です。鹿児島発のフェリーは18時に出港なので、16時頃までに行って結いきっぷの購入と手続きをすれば十分間に合いますよ。フェリー出港間際、鹿児島でお世話になっているみどりさんご夫妻や、お友達ライダーが仕事終わりに駆けつけてくれました。また無事に鹿児島に帰ってきます!

22時間の大航海も超快適

沖縄の乗降できる港は、那覇と本部2つの場所があります。今回私は、沖縄の本部港で降りるので22時間の船旅になります。(那覇で降りる場合は、24時間です)

まずは寝床の確保。雑魚寝できる2等和室は、個々ロッカー付でかなり快適に過ごせます。船内施設は、シャワールーム、レストランや売店、自販機もあります。

毎回朝昼晩にレストランと売店が開かれるので、食事に困ることはありません。しかもかなりお得に食べられるので、私はレストランがおすすめです。驚いたのが、船内無料Wi-Fiサービスが運用されているのでスマートフォンが常に使えることです。場所によって電波が入りにくい時もありますが、圏外で使えないということがなかったので何かあったときに連絡がすぐできるというのはすごく安心できました。

度々変わる景色の変化も楽しんで

今までのバイク旅でフェリーを使うことはよくありましたが、今回の沖縄までの船旅が1番景色の変化を楽しむことがきます。まずは鹿児島の港を出港してすぐに甲板に上がると、海の上から桜島を見ることができます。フェリーで沖縄に行く人しか見れない、この景色は特別。ちょうどこの時期はサンセットの時間が重なるので、空の色の変化も合わせて楽しむことがきます。まず、奄美大島を抜けた場所では群青色の海が望めます。ここまでの深い、綺麗な青は見たことがなく思わず「うわ!」と口に出してしまうほどでした。

この日は波がたっていない穏やかな日だったので、鏡のような水面でした。こちらは与論島に着岸する間際。綺麗な透き通った水色の海が印象的です。与論島は、鹿児島県奄美群島の最南端に位置する島で、世界有数の美しさを誇る海の青さ「ヨロンブルー」として話題を呼んでいます。

20時間弱の長い船旅はわたしも初めてだったので、どんなものか…?と心配だったですが、快適に過ごすことができてあっという間の時間でした。

天候やその日の波の状況によっても変わってきますが、降板にでて海を眺めるのも楽しみの一つにしてみてください。

沖縄に到着!!

22時間の船旅を終えて、ついに沖縄に到着!16時に沖縄本部港に着いたので、その日は宿に直行しました。沖縄といえば、オリオンビール!ビールを持って海辺の砂浜に行って、沖縄に無事到着を祝いました。

 

今回のルートはこちら。

沖縄は、本土と違う道事情もあるのでそういった面も注意しながら、沖縄を走りたいと思います。それでは!

(つづく)

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事