レッドバロンが展開するオリジナルバイクギアブランド「ROM」は、レッドバロン・オリジナル・モーターサイクルギアの頭文字で読み方は“ロム”。ライダーが本当に欲しがるアイテムをリーズナブルな価格で提供し続けており、その品目は、ウエアからバイクカバーバッテリー充電器まで多岐にわたる。今回は梅雨入り前に手に入れておきたいレインウエア『ライディングレインスーツ』特集の第3回目。ケルヒャーの高圧洗浄機を使ったシャワリングテストだ!

雨が降らないなら高圧洗浄機だっ!

「マーフィーの法則」をご存知だろうか? 今から30年近く前の90年代に流行った本なのだが、「バターを塗ったトーストを落としてしまった時、バターの面が床のカーペットにべちゃっとなる確率は、カーペットの価格に比例して高くなる」といった、“物事はえてしてよくない方向、都合が悪い方へと転がる”という、あるある事例をたくさん載せた本だ。我々ライダーに身近な内容で言うと「洗車をすると雨が降る」的な感じかな。


さてそんな昔話を持ち出したのは、レインウエアのテストをしたいのに雨が降らないからだ。『ライディングレインスーツ』を新調したのがほぼ1ヶ月前。1ヶ月あればさすがに雨の中を走る機会などいくらでもあろうと悠長にかまえていたのだが、困ったことに意外と雨に降られないのである。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

テスターというか筆者の身長は172cmの体重75kg。着用している『ライディングレインスーツ』のサイズは3L。

 

「レインウエアを新調すると雨に降られない」なんて感じの新たなジンクスを「マーフィーの法則」に加えたいくらいであるが、この梅雨時期を前にレインウエアのインプレッション記事が作れないなんてことはありえないわけで…。こうなったらやりたくはないが高圧洗浄機によるレインウエアテストを敢行するほかあるまい。誰も望んで高圧洗浄機の水をかぶりたいヤツはいないと思うが、背に腹は変えられぬ…僕は腹を括った。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

きっちり5分間、ケルヒャー製の高圧洗浄機からの噴射をバイクに乗った状態であらゆる方向から受け続ける。これで浸水するかどうか? というのが今回のお題だ。

 

耐水圧20000mmの実力を見せてもらおうかっ!

前回前々回の記事でも書かせてもらったけど、防水生地なのに内部がムレにくい透湿防水素材を使っている『ライディングレインスーツ』。スペック的には、防水性を表す耐水圧は20000mm、ムレにくさを表す透湿度は20000 g/㎡・24hを確保しているということだ。


でもさぁ、これっていったいどれくらいの数値なのよって話だ。カタログにある文章をそのまま書けば、耐水圧20,000㎜とはつまり、生地の上に1cm四方のまっすぐな管を立て、その中に水を入れて20mまでの高さの水圧に耐えられるということ。透湿度20,000g/㎡・24hは、24時間で1㎡あたり、20ℓの水蒸気を通す能力があるということだ。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

5分間、バシャバシャと高圧洗浄機で水をかけてどれくらいの水が浸水するのか? しないのか?  非常に単純明快な話。内部には水濡れの状況がよくわかるよう、濃いめの色のTシャツを着用してみた。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

最初は正面を重点的に…。この距離でもバタバタと生地にありえないくらいの雨粒が当たる。体感的には豪雨の中を100km/hで走っているような雰囲気か。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

上からも…。高圧洗浄機の水にひたすら耐える。ゲリラ豪雨でもこんな状況ねぇよ…と思っていたら、ヘルメットのベンチレーションを閉めておくのを忘れていたことを物理的に気付かされることになった。

 

5分間。うどん系のカップ麺が出来上がる程度の僅かな時間だが、高圧洗浄機の水圧を受けている人間にとっては永遠とも感じられる非常に長い時間である。最初のうちは、「ケルヒャー高圧洗浄機の水圧って間近で受けると結構痛いんだな…」とか、「よしよしまだどこも水漏れはないな?」と全身の皮膚の神経を尖らせていたりしたのだが、1分、2分とひたすら高圧洗浄機の水を浴びているうちに、だんだんと心の中に冷たいナニかが染み込んできた…。

決して物理的な『ライディングレインスーツ』の漏水ではないのだが、心の中で黒いシミのようなものが広がり始めると、“俺はいったい何やっているんだろう…”とか、“高圧洗浄機を人に向ける人間はなんでそんなに嬉しそうな顔ができるんだ?” などといった負の感情がどこからともなく染み出してくる。人を暗黒面に堕としたければ、レインウエアを着させてバイクに座らせ、高圧洗浄機にしばらくさらしておけばそれで十分らしい。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

至近距離は水が痛い…。だから痛いんだってば…。ノズルが見切れるほど近づけるんじゃないよ。それにヘルメットと首の隙間は反則だって…! 声にできない叫びが心の中で共鳴し、負の感情となって黒いシミのように冷たく広がっていく。

 

これが耐水圧20000mmの実力だ!

心の中の黒いシミがすっかり大きくなったころ、ようやく5分が経過した。結果は正直もう僕自身の感覚としてはわからない…。高圧洗浄機担当が熱心に全方位から水をぶちまけてくれたおかげで、グローブはもちろん、ヘルメットの内部も浸水。レインウエアの性能とは関係ない部分から浸水が始まっているからだ。恐る恐る『ライディングレインスーツ』を脱いでみると…

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

ヘルメットの水滴だけは拭いてレインウエアを脱いでいく。首まわりのシミはヘルメットとレインウエアの隙間からの浸水で、胸の濡れはレイウエアを脱ぐ時にヘルメットから垂れた水滴だ。

 

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

高圧洗浄機で5分間水を浴びたくらいでは、股間まわりの浸水もなし。

 

確かにTシャツの首回りは浸水を許してるが、これはレインウエアの性能というより、ヘルメットと首の間から入り込んだ水でレインウエアの漏水ではない。…と言うわけで、高圧洗浄機による5分間のシャワリングテストは無事終了。すっかり暗黒面に堕ちた僕は、『ライディングレインスーツ』が高圧洗浄機の水圧でいかに浸水を許してしまったかについて、きっちりねっちりレポートしてやるつもりだったのだが、意外に頑張るじゃないか『ライディングレインスーツ』。これじゃぁコキ下ろしようがない(笑)。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

新品だからというのもあるだろうが、表面の撥水力もなかなか。内部にムレもなく快適である。ただ、生地自体が伸びる素材なので、使用しているうちに表面の繊維と繊維の間に水がしみ込んでいき、その水がフタをするかたちで透湿の邪魔をしてしまう。なので、使用後に乾かして収納する前に撥水スプレーをかけるようにしておけば、長く耐水・透湿効果を発揮してくれるぞ。詳しくは下をチェックだ。

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

あ、そうそう。ムレにくさである透湿性能に関しては、この1ヶ月間、雨が振り出しそうな雲行きになるたびに、“『ライディングレインスーツ』のテストができる! ”と喜び勇んで着用してきたので、改めてテストをするまでもなく実感している。透湿度20,000g/㎡・24hという数値は、24時間で1㎡あたり、20ℓの水蒸気を通すということだが、実際に結構な水蒸気が抜けているようでバイクで走っている分には内部のムレが結露を起こして衣服が濡れることなんてことはなかった。まぁ流石に日差しが出てくるような状況では暑くなって脱いだけどね。

なお付け加えるとすれば、雨に降られないから今回の高圧洗浄機でのテストに踏み切った訳だが、この撮影が終わった数日後、あっさり大雨に見舞われることになった。「レインウエアを新調すると雨に降られない」という僕的マーフィーの法則には、“ただし、その効力は一度きりで切れる”という補足の一文を付け加える必要がありそうだ。

 

『ライディングレインスーツ』

●税込価格:1万4850円
●サイズ:SS、S、M、L、LL、3L (SS はピンク×チャコールのみ。またピンク×チャコールはSS、S、Mの3サイズ)
●耐水圧:20000mm ●透湿度:20000g/㎡・24h

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

カラーは4色展開となる。

 

 

レッドバロンオリジナルレインウエア_ライディングレインスーツ

サイズはSS、S、M、L、LL、3Lの6サイズでSS はピンク×チャコール。またピンク×チャコールは、SS、S、Mの3サイズ展開となる。

 

SHARE IT!

この記事の執筆者

この記事に関連する記事